フライボード&ホバーボード! FLY系が人気です! ムルク浜ビーチにて最新マリンメニュー始めました。

TOP
メニュー
プラン
アクセス
周辺施設
問い合わせ
予約
メール
ブロブ
施設紹介
 

ムルク浜ビーチ周辺 浜比嘉島ってどんなところ??


南ムルクの風景
浜比嘉島
 沖縄本島:勝連半島の東4qに位置し、1997年に浜比嘉大橋が開通。車で行ける島。周囲7km。琉球開闢の神様『アマミキヨ』『シネリキヨ』が居を構え子供たちをもうけ、これが沖縄の人達の祖先にあたるという伝説の地。
 今も離島の雰囲気を色濃く残し、赤瓦の屋根・ヒンプン・石垣など 古き良き沖縄を味わえる。

アマンジと呼ばれている小さな島にあります。
アマミチュー
 琉球開びゃく伝説で有名なアマミチュー、シルミチューの男女二神及び他の神が祀られていると伝えられている。毎年、年頭拝みには宇比嘉のノロ(祝女)が中心となって島の人々多数が参加して、豊穣・無病息災・子孫繁昌を祈願している。信仰圏の広い貴重な霊場である。

島の南、比嘉区の集落を抜けた先にあります。
シルミチュー
 地元では琉球開びゃく祖神、アマミチュー、シルミチューの居住したところと伝えれれている。
また洞穴内には鍾乳石の隕石があり、子宝の授かる霊石として崇拝され、信仰圏の広い貴重な霊場である。シルミチューは、子宝が授かる霊場としても崇拝されており、観光客だけでなく、沖縄県内の各地から子宝祈願に訪れる場所です。
ひまわり畑
 比嘉公民館の先にひまわり畑が出現!!季節にはひまわりだけでなくコスモスも。
高江洲製塩所
 シルミチューのさらに奥、浜比嘉島の最南端にある製塩所。昔ながらの製塩方法「流下式塩田」の見学、゛塩作り体験゛も! いろんな販売もあるよ。
   
   

浜比嘉島のお祭り

すべての行事が旧暦で行われます。小さな町ですが祭りは『 熱い 』
■(旧正月)年頭拝(ねんとうおがみ)
 旧正月に行う「年頭拝」は、一年間の健康と家内安全を祈願する行事です。「12ヵ所めぐり」といって、神に仕えるノロ(祝女)が中心になって区内12ヵ所の拝所(ウガンジュ)や神屋(カミヤー)を巡り、区民の健康と安全、島の繁栄を願います。シルミチューで行われる礼拝には大勢の区民が参加し、ノロや区長らが洞穴に入って祈りを捧げた後、サンシン(三線)の演奏や踊りを奉納します。
■(旧暦5月4日)御願バーリー(うがん)
 塩と泡盛をたむけて、御願(うがん)を捧げ、御願バーリーを海へ送る。豊漁と海の安全を願う伝統。こちらは旧暦の日にちが決まっており、海人による奉納のハーリー
■7月上旬あたり ハーリー
 
比嘉ハーリー。場所を比嘉港に移して行われるお祭り。
 ファミリー参加、地域メンバーで参加など、様々なチーム構成での参加が可能。
■(旧暦6月24・25日)豊年祭
 比嘉区のこの年の豊作・豊漁願って行われるもので、初日の夕暮れ集落が東西に分かれ、、東側の区民と西側の区民がそれぞれ綱を担いで集落を練り歩いた後、集落の中央に集まり東西の綱を連結し、力いっぱい引き合います。その後、伝統の女踊りのウスデークと余興で1日目は終了します。翌日も午後8時ごろからウスデークと余興を行います。比嘉のウスデークはしなやかな動きが特徴です。
■(旧盆)エイサー
 沖縄の各地で旧盆の時期に祖先の霊を迎えて踊られる伝統芸能です。比嘉エイサーは、沖縄県で開催される全島エイサー大会の第1回大会から3年連続優勝した輝かしい実績を持っています。踊り手たちは伝統の衣装で正装し、パーランクと呼ばれる手持ちの太鼓や大太鼓を打ち、40分間休まず踊ります。比嘉エイサーは格調の高い動きが特徴で、このパーランクは各地のパーランクの原型とされています。パーランクの打ち手の回り方、足の使い方は独特で、他所の人にはなかなか真似ができないといわれています。
 
見学はもちろん 参加できるものもあるので、せっかくなら旧暦をチェックして遊びに来てね!
 
 
Copyright (C) AqualineMarineClub 2004-2019 All rights reserved